• HOME
  • 学校概要
  • 三育の特色
  • 学校生活
  • よくあるご質問
  • 入学案内
三育の特色

豊かな心の教育

豊かな心を育てる

光風台三育小学校では、キリスト教の精神がすべての教育の土台となっています。朝の礼拝、授業前のお祈り、 聖書の言葉の暗唱、また土曜日の教会出席等を通し、私達一人ひとりは神様に愛されている存在だと理解することを、 教育の柱としています。
自分はかけがえのないものだと受け入れることで、児童達は物事を肯定的に捉え、 何事にも積極的に取り組む姿勢を身につけます。他者に関しても同様の存在であるという考えのもと、 他者の意見を尊重し、お互いに理解し認め合う価値観を養います。

奉仕活動
奉仕活動
助け合い、感謝し合うことこそ
人生の喜びであることと体感します
お互いに助け合い、感謝し合う喜びや大切さを体感するために、積極的に奉仕活動に取り組んでいます。 歳末たすけあい募金活動や近隣の清掃活動を行うほか、老人福祉施設を訪問し、 クリスマスの劇や歌を披露し手作りのプレゼントを贈る等様々な活動をしています。
訪問先で高齢者の皆様から喜んでいただけるのは、児童達にとって何よりの楽しみにつながっています。 これらの活動を通し、児童達は社会と自分とのつながりを認識し、 自己利益ばかりではなく社会全体の利益を考え行動できる人間としての資質を磨くのです。
祈祷週
各学期に一度行われる祈祷週で、
キリスト教の教えを深く理解します
各学期に一度行われる祈祷週では、近隣の牧師にその週の朝の礼拝を担当していただき、 様々な角度からキリストの教えを学びます。また、毎年2 月に行われる卒業祈祷週では、 卒業を控えた6 年生が学校生活を振り返り、神様の愛を感じた体験や聖書の教えを心の土台として歩む決心を話します。
一人ひとりが自分の考えを持ち、これからの生き方について真剣に考えている姿を見ることができるのは、 感動的であり、児童達の成長を実感する時です。
祈祷週

▲ ページのトップへ

学習指導

「なぜ?」「もっと知りたい!」を伸ばす教育

小学校で学ぶべき知識や基礎学力の構築は当然のこととして、 本校では何よりも児童の知的好奇心の芽を伸ばし、「なぜ?」 「もっと知りたい!」という主体的な学習欲求を引き出すことを最大の目標にしています。何事にも興味を持ち、情報を集め、自分なりに考えることは、中等・高等教育においても大きなアドバンテージになるとともに、社会に出てからも様々な問題を解決していく上で非常に重要になるからです。
授業では教師が答えを押し付けるのではなく、一人ひとりの思考プロセスをリードすることで、自ら解答を導き出し、「できた!」「わかった!」という喜びを体感させます。この喜びの蓄積が学習意欲を向上させ、学力を伸ばすのです。

適正少人数教育
適正少人数教育
一人ひとりの児童が教師と
個人的コミュニケーションを持つために
1クラス定員20名という少人数体制で、 一人ひとりに対してきめ細やかなケアをしながら学習を進めています。
すべての児童と十分なコミュニケーションを取り、一人ひとりの個性を十分把握した上で、その個性を受け入れ伸ばしていきます。早い時期に自分の個性を認められ、受け入れられた児童は、良い意味での自己肯定感を持ち続けることができ、どんな場面でも自分らしさを伸ばし、成長し続けようとする姿勢を持ち続けることができるのです。
表現教育
表現教育
深く考える力と、
正しく伝える表現力を同時に養う
個々のアイテンティティーが問われていくこれからの社会では、自分の考えを明確に主張したり、自分らしさを表現していくことが大切になってきます。
本校では、メンバーが一致して一つの音楽を作り上げるハンドベルや讃美歌の合唱、聖書劇などを通して感性を磨き、表現方法を身につけることを主眼とした教育を行っています。
また、学級やファミリー(学年混合縦割りグループ)活動を通して、人前で発表する機会を全員に多く課し、考えを深め、正確に主張することができるよう訓練を行っています。

▲ ページのトップへ

英語教育

光風台三育小学校の英語教育

週2日の英語授業を6年間実施!世界で通用するコミュニケーション力を伸ばします

アメリカに起源を持つミッションスクールということもあり、光風台三育小学校では創立以来英語教育に大きな力を注いでいます。1年生から6年生まで、週2回、三育大学のネイティブ教師による授業を行っています。低学年ではオーラルコミュニケーションに重点をおき、聞く力・話す力を身につけます。高学年からはフォニックスを用いて読み書きの基本を習得します。一番大切なのは、英語を好きにさせること。ゲーム要素を授業に盛り込むことで楽しく言語を習得することが可能となっており、大学受験のみならず、国際的な学びやビジネス等、世界で通用するコミュニケーション力を養成しています。中には系列高校の国際英語コースを経て海外の大学に進学し、世界で活躍している卒業生もいます。また、英語力の定着を測るため、英検にも取り組んでいます。
英語を単なる授業の一つにせず、総合的学習のツールとします。 本校では三育教育の土台である聖書の言葉や賛美歌、お祈りも英語で学びます。聖書教材は、通常小学校レベルでは扱わない単語や構文、抽象概念が含まれているので、英語習得にも役立っています。
英語教育の特色
英語教育の特色
とにかく英語を好きにさせる
言葉の習得が『お勉強』になる前に英語に親しむことによって、『英語は楽しくて大好き!』という前向きな姿勢を育てます。この動機づけは、中学校以降の英語学習にも大きな推進力となります。
リアリティーに富んだ『使える』英語を身につける
授業だけでなく、日直の仕事やお祈り等、学校生活における身近な物事を英語で行います。日常に英語が入ることで、単なるロールプレイング等では得られない、リアリティーに富んだ英語を身につけます。
低学年のうちは『聞く』『話す』能力を伸ばす
母語と異なる音韻体系を習得する能力は、10歳前後を境に衰えていくと言われています。光風台三育小学校では1年生から3年生までオーラルコミュニケーションに重点をおき、英語を聞き取る耳を育てるとともに、日本人に難しいとされている発音も自然に身につけます。
高学年では『読む』『書く』能力を伸ばす
低学年のうちに日々音声的に学んだことを土台として、4年生以降は会話だけでなく、文字とフォニックスを用いて『読み書き』の基本を学ぶとともに、文章を読んで正しく理解し、自分の『言いたいこと』を作文する力も育てます。
言語の背景にある文化や思想まで理解する
聖書の授業等を通して、英語の単なる言語的知識だけでなくその背景にある文化やキリスト教思想を理解することで、より多くの人のニーズに応えることを目指します。
学年ごとの段階的学習目標
全学年共通
●英語で聖書、賛美歌、お祈りを学ぶ
●英語で月ごとの聖句を覚えて言う
●言葉とその概念を同時にインプットできるよう、アクションを積極的に取り入れる
●英語の絵本やフラッシュカードを用いて学ぶ
●日直が授業開始時のルーティーンを英語で行う
●フォニックスによって英単語を学習する
1~3年生
音声的インプットを多用し、「聞く」「話す」を中心に学習
4~6年生
文字・フォニックスを導入し、「読む」「書く」も加えて学習

1年生の学習目標(20分× 週9回)

4年生の学習目標(20 分× 週5回)

  • ●歌やアクティビティーを通して体全体で英語に親しむ
  • ●あいさつ、天候、曜日、名前や年齢、色や動物、身近な事物等の名前や動作、基本的な文章パターンを学ぶ
  • ●モデルをリピートすることで発音を学ぶ
  • ●小グループの補習で個人指導を行う
 
  • ●アルファベットを習得し書き取りができるようになる
  • ●3年生まで音声的に学んだことを文字で確認、さらに定着させる
  • ●フォニックスの基本を学び単語レベルのリーディングを導入する

2年生の学習目標(20分× 週5回)

5年生の学習目標(20分× 週5回)

  • ●引き続きアクションを多用しリピーティングを通して学ぶ
  • ●動詞句を中心とした基本構文を多く学び短くても対話ができるようになる
  • ●自分の気持ちを表現したり自己紹介ができるようになる
  • ●絵本暗唱を通して単語や文法を自然に学び英語特有のリズムとイントネーション、ナチュラルなスピードを学ぶ
 
  • ●フォニックスルールを用いてスペリングや文章レベルのリーディングを学ぶ
  • ●チャンツを通して単語やリズム、イントネーションやナチュラルなスピードを学ぶ
  • ●反意語のペアで形容詞を学ぶ

3年生の学習目標(20分× 週5回)

6年生の学習目標(20分× 週5回)

  • ●動詞句を中心とした基本構文を増やしフルセンテンスでの対話を目指す
  • ●否定文や疑問文も含めた対話を学ぶ
  • ●英語の音韻体系の基礎を定着させる
 
  • ●動詞の時制とそれに付随する副詞を学ぶ
  • ●既習の知識を用いてリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングを総合的に学ぶ

▲ ページのトップへ

健やかな体づくり

体を鍛えるだけでなく、内外両面から健やかな体をつくります

健康な体は、社会の第一線で活躍し続けるための一番大切な土台です。
本校では体育の授業だけでなく、マラソン大会、スケート教室、水泳教室(通年ースイミングクラブ)等の運動プログラムを積極的に取り入れ、運動を通して健康な体作りに取り組んでいます。また、水難事故防止のため着衣水泳教室を実施しています。
また内側から健やかな体作りをするために、規則正しい生活習慣や食習慣を身につけることにも力を注いでいます。成長著しい小学生の時期だからこそ、ご家庭にも穀菜食を基調としたバランスのとれた食事をお奨めしています。

水泳教室で総合的な体力づくりを
年間を通して行われる水泳教室で
体力を養います
全学年を対象に、近隣のスポーツクラブを利用して水泳の指導を受けています。理想的な全身運動でありながら関節等への負担が少ない水泳は、 体幹づくりや心肺機能の強化等に役立ち、総合的に体力を伸ばすことができます。
それぞれのレベルに応じて級が分かれ、一人ひとりに最適な指導を受けることができます。 水泳指導は一年を通して行われるため、児童達の水泳スキルも著しく向上します。 さらに、万一水難事故にあった時の護身術を身につける目的で、年に1度着衣水泳を行っています。
水泳教室
ご家庭のお弁当は、感謝の心を育て、親子の絆も深めます
ご家庭のお弁当は、感謝の心を育て、親子の絆も深めます
卵乳菜食を推奨し、
内面から健やかな体をつくります
本校では、原則ご家庭からお弁当を持ってきていただきます。 6年間毎朝お弁当をつくることは大変ですが、児童達は毎日お弁当をとても楽しみにしています。
お弁当を開けるたびに、自分のために手間暇かけてつくってくれた方を思い出すことで、児童の心には感謝の心が育ち、親子の絆も深まります。
なお、希望者は、三育ネットワークの健康食品会社が製造している豆乳やカルシウム飲料を定期購入することができます。また希望者には週に2回、学校でパン給食を注文販売しています。

※行事等で学校が食事を用意する場合は、アレルギー体質を持つ児童には個別対応しています。

労作教育で心身の健全な発達を
豊かな自然環境の中で労作体験をします
本校の豊かな自然環境は日々の生活の中で、生き物とのふれ合い、農業体験をふんだんに与えてくれます。
ウサギの飼育のほか、学校農園で行われる有機農法、農作物の収穫などの労作体験を通して、自然のすばらしさを学び、心身共に健康な体づくりをしています。
労作教育
労作教育
  • オープンスクール
  • 児童募集
  • 三育祭り
  • 新着情報
  • 卒業生・保護者の声 光風台三育小学校の卒業生・保護者様からの声をご紹介
英語の授業風景
英語の授業風景
一日の生活
一日の生活
  • 三育の食育 心と体のバランスのとれた真の健康に寄与
  • 世界につながる三育ネットワーク 国内外の系列学校・機関をご紹介

資料請求・お問い合わせ

0436-36-5267 資料請求・お問い合わせ
アクセスマップ

〒290-0255
千葉県市原市光風台2-535

 スクールバス路線